開門ダッシュ研究室 2005年02月
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
東西王座戦(G2)
20050227102506
今日の勝負車券です。

スポンサーサイト
競馬 | 10:25:06 | Trackback(2) | Comments(0)
From 岡山2
本日帰還予定だったんですが、キャベツが巻き起こした悪循環のせいで早くても来週の水曜になりそうです。スペ基地氏が今日からブログ開始、そして毎日興味深い記事を書いてくれるそうなので、それに期待しましょう。
ちなみに先週は1万くらい負けました。PATの残金もそろそろあれです。それでは失礼します。

雑記 | 11:15:47 | Trackback(1) | Comments(0)
2.20 日曜競馬
東京11R フェブラリーS

◎パーソナルラッシュ
○アドマイヤドン
▲メイショウボーラー
△カフェオリンポス
△タイムパラドックス
△ユートピア
△ピットファイター

夏を越してのエルムSとダービーGPの内容からパーソナルラッシュを4歳勢の筆頭と取りました。JDダービーまではカフェオリンポスが1番強いと思っていましたが、師走S圧勝だろうなと思って見ていたら2着。勝ち馬にうまく乗られたとは言え、かなり物足り無さを感じました。前走後も、本番では無印にしようと思っていましたが、条件が好転していることとあまりにも人気が無いので△にあげてみました。
メイショウボーラーが強いことは間違いないでしょうが、前走がプレッシャーの少ない競馬だったことは確かです。当然ここはこの馬が皆の目標にされるわけで断然人気ということを考えても単穴評価にとどめました。

競馬 | 15:01:37 | Trackback(1) | Comments(3)
From 岡山
細々とブック片手にPATで競馬してます。映像が全く見られないので馬場もよく分からないままやきもきしながらやってます。今週は地味に600円負けでした・・・。ちなみに来週のフェブラリーSは、パーソナルラッシュ本命の予定です。出てこなかったらアドマイヤドンです。それでは。

競馬 | 16:44:48 | Trackback(1) | Comments(0)
タイトルなし
20050207225932
只今岡山遠征中です。かなりしんどいので2週間ほどまともに更新できないと思います。

競馬 | 22:59:32 | Trackback(1) | Comments(0)
全日本大学競馬リーグ第6戦
20050206071222.gif


競馬 | 07:12:53 | Trackback(1) | Comments(3)
2.06 日曜競馬
【 各場の馬場予測 】
東京(芝):先行勢が残り気味で、後ろからではややつらい馬場。
東京(ダ):ペース次第だが、前有利前提で。

京都(芝):引き続きやや時計を要する馬場。道中内に位置し、直線で真ん中から外に出すのがベター。
京都(ダ):先週より若干差せる印象だが、やはり前重視。

小倉(芝):時計が速く、後方からでは届ききれない。
小倉(ダ):こちらも時計速く、前有利。


東京11R 共同通信杯

◎ニシノドコマデモ
○ストーミーカフェ
△マルカジーク
△ロードマジェスティ

 ここは◎○の一騎打ちでしょう。ニシノドコマデモの前走の東スポ杯は、コースロスなく最内を回って直線に入ったが、逆にそれが仇となり外に持ち出すまでかなり時間がかかってしまった。反応の鈍いこの馬はスンナリ外に出した方がいい。今回は少頭数ということでその心配はない。またシンガリからだろうが、ストーミーが速めのペースでいくと見ているので、○と2㌔差なら逆転可能だろうという判断です。
 そのストーミーカフェはやはり折り合いが心配。絶対能力では1番だろうが、府中1800㍍で前走のように行ってしまうとさすがに厳しい。中間落ち着いてるとはいえ、前走の感じからレースに言ってどうなるかは分からないので、本命にはし難い。ただ、折り合ったとき、もしくは引っ掛かるといってもこの馬が耐えられるペース、1000㍍を59秒台で行けたとすれば、圧勝も十分に考え得ます。気性面での成長の可能性も考慮に入れておくべきでしょう。それほど他馬とは能力差があると思ってます。ただ、前走のようなペースで行ってしまい、後ろに差される展開も考えておくべきでしょう。
 次位にマルカジークとロードマジェスティですが、共に3着候補。馬券は3連単◎○→◎○→△△、3連複◎○→△△計6点。


京都11R シルクロードS

◎プレシャスカフェ
○キーンランドスワン
▲リミットレスビッド
△ドリームカムカム
△コンコルディア

 プレシャスカフェを本命にはしたくなかったんですが、他に推せる馬がいなかったので押し出される感じの消極的な本命。前走で一応初重賞制覇だが、着さ以上に強さを感じたのは確かです。前に有利な流れを差したことも評価ポイント。さすがに直線も外に出すと思うので、このメンバーなら3着は外さないでしょう。
 キーンランドスワンはここなら本来能力上位の馬。前走は大外枠から折り合いを欠きチグハグな競馬。今回は3番枠ということで道中内で壁を作って脚を溜め、直線で真ん中に出せれば能力からしても十分馬券圏内でしょう。土曜の藤田Jの騎乗を見ていても、馬場のことは分かっている感じなのでそういう競馬をしてくると思います。叩かれて調子が上がってきたのも確かでしょうし、東スポの印を見た限りですが、もっと人気があってもいい馬だと思います。


小倉11R 小倉大賞典

◎キーボランチ
○メイショウカイドウ
▲ロイヤルキャンサー
△エーティーダイオー
△メイショウドメニカ

 単純に能力からいけばメイショウカイドウでしょうが、問題がここ2戦の負け方。この時期があまりよくない馬なのかも知れないが、それにしても前走なんかは負けすぎな気がします。その前走も調教が悪かったわけではないので、人気の今回も本命にはしづらい。小倉の実績も超抜だがあえてひとつ印を落とし、キーボランチから。今の小倉は例年より馬場が良く後ろからだと届きにくいので、ある程度前に行け、速い時計で走れる馬を中心に据えることがまず必要でしょう。その中から能力的にもこの馬。中山金杯でエイシンチャンプに先着しており、斤量も双方その時のままなのに人気では差が出ている。速い時計で駆けられるという点においてもこっちの方にアドバンテージがあると思います。
 ロイヤルキャンサーはマヤノシャドーより強いと思ってるので、何がどうこうというわけではなく単純に能力比較でこの印。その根拠の一端が今回と同距離のニューイヤーS。1000㍍57.7秒のHペースで行きながら最後までしぶとく3着に粘った。前々で運べるし、速い時計でも駆けられる。
 あとは休み明けながらメイショウドメニカもここ入れば能力では決して劣らない。問題はその休み明けという点。過去の鉄砲成績[0004]だが、4戦のうち2回4着にきているのでそれ自体が駄目という分けではないでしょう。とりあえず印は打っておきたい馬です。


東京8R 3歳上500万下
☆ウインデンファーレ
…いつの間にか転厩していました。本来ならこんなところにいる馬ではないんですがね。テンションが上がりやすい馬なので休み明けの方がむしろいいと思います。今回負けたとしても次走も注目して見ておきたい馬です。


東京9R テレビ山梨杯

◎エスユーグランド
○ハウズトリックス
▲レディーシップ
☆グランリーオ
△タイムウィルテル
△ケイアイボイジャー
△ウインドヴェイン

 ここは何頭か面白い馬たちが。エスユーグランドはいいとして、まずはハウズトリックス。ベタベタですが、府中は4走前からやはり向いているのでしょう。2走前も買っていましたが、このときは進路を探しているうちにゴールしてしまったという感じで、あまり追える場面がありませんでした。この揉まれずに競馬出来る外枠もプラス材料。
 レディーシップは2走前に逃げて勝ったがために、前走もそういう競馬になったが、大外枠から強引にハナに立ったのでそれまでにかなり脚を使わされた。今回もそういう戦法だろうが、今度は内枠であまり行きたい馬もいない。3連単の2着・3着の欄に塗りたい馬です。
 馬券は3連単◎○→◎○▲→▲☆△△△計18点の多点買いで勝負。


東京12R 4歳上1000万下
☆ナムラゼウス
…この距離でトーセンフレンドが人気になるようなメンバー。ちょっと古くはなるが、6走前のように内ピッタリ回ってこれればこの条件でも上位に来れる力は持っている。前走負けすぎなのは気になるところですが、この面子で人気が無いならば、ヒモには入れておきたい馬。

競馬 | 00:28:29 | Trackback(0) | Comments(0)
続・裁決
20050202193744.jpg やはりこのことに関してみなさん関心が高いようで、普段の数倍のアクセスがありました。批判だけして終るのは嫌なので、裁決全体のことを考えてその対策方を考えてみたいと思います。
 まず裁決の問題点のひとつは、基準が曖昧であること。だからといって落馬したらすべて失格とするわけにはいかない。ローズボーが失格となった時も、北村浩騎手は自身の技術不足で落馬したことを認めており、だからこそ伊藤雄師も不服申し立てをしたのでしょう。
ただ、人間の目で判断することなので完全に明確な裁定基準を設けるのは、競馬の性質を鑑みても不可能に近い。よってそれを目指しつつ不透明さをなくす、ということに主眼を置くべきでしょう。
 実際レースでどのぐらいの不利だったのか、危険性は?というのは乗ってる人が一番よく分かるはずで、先の記事で挙げたように、引退した騎手を委員に採用することが、まずひとつの対策になりえるかと思います。そして判断基準は「故意であったのか、それとも馬の癖のためで不可避だったのか」という点が大前提です。騎手というのは命がけの仕事で、落馬による事故で死亡するケースも過去あった。そういう面を鑑みるとやはりこの部分が1番に考えられるべきです。その上で①不利の度合い、②危険性、③着順・馬券に影響するものか、この3つが主に考慮に入れられるべき点だと思います。①について、程度については外から見てるものには完全に把握できない面もあり、突っ込んだことを言えないのがあれですが、まずは委員さんに共通した判断材料を作ってもらうほかない。②について、加害馬が故意で、しかも落馬につながったり、そうでなくても危険性が高い、と判断された場合6日間の騎乗停止。ここは今まで通りです。故意でなくとも危険性が高いと判断されれば、4日間の騎乗停止。③について、最後の直線で馬券対象外域での審議は払戻に影響はなく、陣営にとっても賞金的な変化が少ない。故意ではなく前述の危険性が低ければ、これは過怠金の範囲。故意であったり危険性が高い場合はどこであろうと騎乗停止でしょう。ただ、このように決勝戦手前での審議なら着順・馬券に影響したかどうかもある程度推し量れるが、スタート直後なんかだと実際の判断はかなり困難。今回の件もここが過怠金5万円で済まされた決め手になった部分でしょう。これが決勝戦手前で起こったなら、実効6日間の騎乗停止になっていたことはほぼ間違いないと思います。この部分は、故意性と危険性が最重視されるべきで、勝負どころとそれ以外での裁定にそれほど差をつける必要はない、というのが私の考えです。もちろん勝負所での不利は特に結果に直結するので着順に影響を与える場合は、故意であれば4日間の騎乗停止、過失なら2日間というのを基本とするが、まず最優先されるべきが最初に挙げた故意かどうかでしょう。
 また、不利を与えたその度合いをポイント化して制裁点がある一定まで達した場合、その騎手が騎乗停止なりなんらかの罰則を受ける、という規定があってもいいと思います。これで併せ技一本で騎乗停止になったと見受けられる裁決も制度化され、正当性が生まれてきます。
 いずれにせよ、今のままでは公平性が保たれないことは紛れもない事実であり何か対策を、と動き出す姿勢がまずは必要です。これらのバランシングなども難しく、まず統一したもの差しをつくることが必要だと感じました。そのためには委員の研修にもさらに力を入れるべきです。
 何か具体策に欠けあまり内容のある文章ではなくなってしまいましたが、こういうことを喚起していくだけでも意義のあることだと思い、綴ってみました。ただ今回の件では完全に序盤でレース全体を壊すものであり、過怠金で済まされたことは今述べた以前の問題であり、その面での変革は言わずもがなです。

今日はこの扉の奥でどんなことが起きるのでしょう…

競馬 | 02:57:59 | Trackback(0) | Comments(1)
第1回学生競馬ブログ予想トーナメント
Sky Gallop!? さんのところで開催される大会に参加することになりました。初戦のお相手は新潟大学「TOP GEAR」の薄華さん。スポニチの大学競馬リーグにも参加されており、こちらでも相対することになりました。どうやら薄華さんは共同通信杯◎ニシノドコマデモ、○ストーミーカフェの1点のようですね。思いっきり被りました…。これは3連単に手を出すか考えどころです。自分は共同通信杯が◎ニシノドコマデモ、シルクロードS◎プレシャスカフェ、小倉大賞典◎メイショウカイドウ。ガチガチでいきます、と試しに言ってみる…。(牽制球)

競馬 | 23:54:07 | Trackback(2) | Comments(1)
金盃
20050201194939.gif

今の大井は時計のかかる馬場で、差しもかなり決まる。相変わらずやる気のない大井のハンデキャッパーは置いといて… トップハンデは8歳馬のコアレスハンターとブラウンシャトレーの2頭だが、ブラウンシャトレーはまだまだ衰えていない。さすがに全盛期の力は望めないかもしれないが、ここに入れば力量的にまだ上位の存在。休む前のさきたま杯では強力なメンバーに交じっての5着。前走も仕上がり途上の状態で、この距離でウツミジョーダンの2着。昨年大井で3戦2勝、3着1回と、今回の条件も全く問題ないでしょう。年齢的なもので人気が落ちるようであれば、正ラッキです。展開不問で重賞10勝目を目指す。
昨年このレース2着のナイキゲルマン。休み明け2走はともに人気で敗れているものの、前走からこの条件に替わるのはプラス。今開催、文男が絶不調なのは気がかりですが…。
あとは好仕上がりのベルモントストームだが、今の馬場だったらクールアイバーがちょい怖い存在。2走前は完全に仕掛け所とコース取りの差。さすがに前走は歯が立たなかったが、このメンバーであれば十分やれるでしょう。
馬券は3連単◎→○▲→○▲△△△の8点。

競馬 | 20:42:20 | Trackback(1) | Comments(0)

 青春の日々にこそ、お前の創造主に心を留めよ (コヘレト12:1) 

PROFILE

君への想い涙秀方

Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
01月 « 2005/02 » 03月
Forecast

-天気予報コム- -FC2-
Links
        
Mybloglist
Counter
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。