開門ダッシュ研究室 2.06 日曜競馬
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
2.06 日曜競馬
【 各場の馬場予測 】
東京(芝):先行勢が残り気味で、後ろからではややつらい馬場。
東京(ダ):ペース次第だが、前有利前提で。

京都(芝):引き続きやや時計を要する馬場。道中内に位置し、直線で真ん中から外に出すのがベター。
京都(ダ):先週より若干差せる印象だが、やはり前重視。

小倉(芝):時計が速く、後方からでは届ききれない。
小倉(ダ):こちらも時計速く、前有利。


東京11R 共同通信杯

◎ニシノドコマデモ
○ストーミーカフェ
△マルカジーク
△ロードマジェスティ

 ここは◎○の一騎打ちでしょう。ニシノドコマデモの前走の東スポ杯は、コースロスなく最内を回って直線に入ったが、逆にそれが仇となり外に持ち出すまでかなり時間がかかってしまった。反応の鈍いこの馬はスンナリ外に出した方がいい。今回は少頭数ということでその心配はない。またシンガリからだろうが、ストーミーが速めのペースでいくと見ているので、○と2㌔差なら逆転可能だろうという判断です。
 そのストーミーカフェはやはり折り合いが心配。絶対能力では1番だろうが、府中1800㍍で前走のように行ってしまうとさすがに厳しい。中間落ち着いてるとはいえ、前走の感じからレースに言ってどうなるかは分からないので、本命にはし難い。ただ、折り合ったとき、もしくは引っ掛かるといってもこの馬が耐えられるペース、1000㍍を59秒台で行けたとすれば、圧勝も十分に考え得ます。気性面での成長の可能性も考慮に入れておくべきでしょう。それほど他馬とは能力差があると思ってます。ただ、前走のようなペースで行ってしまい、後ろに差される展開も考えておくべきでしょう。
 次位にマルカジークとロードマジェスティですが、共に3着候補。馬券は3連単◎○→◎○→△△、3連複◎○→△△計6点。


京都11R シルクロードS

◎プレシャスカフェ
○キーンランドスワン
▲リミットレスビッド
△ドリームカムカム
△コンコルディア

 プレシャスカフェを本命にはしたくなかったんですが、他に推せる馬がいなかったので押し出される感じの消極的な本命。前走で一応初重賞制覇だが、着さ以上に強さを感じたのは確かです。前に有利な流れを差したことも評価ポイント。さすがに直線も外に出すと思うので、このメンバーなら3着は外さないでしょう。
 キーンランドスワンはここなら本来能力上位の馬。前走は大外枠から折り合いを欠きチグハグな競馬。今回は3番枠ということで道中内で壁を作って脚を溜め、直線で真ん中に出せれば能力からしても十分馬券圏内でしょう。土曜の藤田Jの騎乗を見ていても、馬場のことは分かっている感じなのでそういう競馬をしてくると思います。叩かれて調子が上がってきたのも確かでしょうし、東スポの印を見た限りですが、もっと人気があってもいい馬だと思います。


小倉11R 小倉大賞典

◎キーボランチ
○メイショウカイドウ
▲ロイヤルキャンサー
△エーティーダイオー
△メイショウドメニカ

 単純に能力からいけばメイショウカイドウでしょうが、問題がここ2戦の負け方。この時期があまりよくない馬なのかも知れないが、それにしても前走なんかは負けすぎな気がします。その前走も調教が悪かったわけではないので、人気の今回も本命にはしづらい。小倉の実績も超抜だがあえてひとつ印を落とし、キーボランチから。今の小倉は例年より馬場が良く後ろからだと届きにくいので、ある程度前に行け、速い時計で走れる馬を中心に据えることがまず必要でしょう。その中から能力的にもこの馬。中山金杯でエイシンチャンプに先着しており、斤量も双方その時のままなのに人気では差が出ている。速い時計で駆けられるという点においてもこっちの方にアドバンテージがあると思います。
 ロイヤルキャンサーはマヤノシャドーより強いと思ってるので、何がどうこうというわけではなく単純に能力比較でこの印。その根拠の一端が今回と同距離のニューイヤーS。1000㍍57.7秒のHペースで行きながら最後までしぶとく3着に粘った。前々で運べるし、速い時計でも駆けられる。
 あとは休み明けながらメイショウドメニカもここ入れば能力では決して劣らない。問題はその休み明けという点。過去の鉄砲成績[0004]だが、4戦のうち2回4着にきているのでそれ自体が駄目という分けではないでしょう。とりあえず印は打っておきたい馬です。


東京8R 3歳上500万下
☆ウインデンファーレ
…いつの間にか転厩していました。本来ならこんなところにいる馬ではないんですがね。テンションが上がりやすい馬なので休み明けの方がむしろいいと思います。今回負けたとしても次走も注目して見ておきたい馬です。


東京9R テレビ山梨杯

◎エスユーグランド
○ハウズトリックス
▲レディーシップ
☆グランリーオ
△タイムウィルテル
△ケイアイボイジャー
△ウインドヴェイン

 ここは何頭か面白い馬たちが。エスユーグランドはいいとして、まずはハウズトリックス。ベタベタですが、府中は4走前からやはり向いているのでしょう。2走前も買っていましたが、このときは進路を探しているうちにゴールしてしまったという感じで、あまり追える場面がありませんでした。この揉まれずに競馬出来る外枠もプラス材料。
 レディーシップは2走前に逃げて勝ったがために、前走もそういう競馬になったが、大外枠から強引にハナに立ったのでそれまでにかなり脚を使わされた。今回もそういう戦法だろうが、今度は内枠であまり行きたい馬もいない。3連単の2着・3着の欄に塗りたい馬です。
 馬券は3連単◎○→◎○▲→▲☆△△△計18点の多点買いで勝負。


東京12R 4歳上1000万下
☆ナムラゼウス
…この距離でトーセンフレンドが人気になるようなメンバー。ちょっと古くはなるが、6走前のように内ピッタリ回ってこれればこの条件でも上位に来れる力は持っている。前走負けすぎなのは気になるところですが、この面子で人気が無いならば、ヒモには入れておきたい馬。
スポンサーサイト


競馬 | 00:28:29 | Trackback(0) | Comments(0)
□ コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


 青春の日々にこそ、お前の創造主に心を留めよ (コヘレト12:1) 

PROFILE

君への想い涙秀方

Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10月 « 2017/11 » 12月
Forecast

-天気予報コム- -FC2-
Links
        
Mybloglist
Counter
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。