開門ダッシュ研究室 3.27 日曜競馬
FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
3.27 日曜競馬
【 各場の馬場予測 】
中山(芝):連続開催の第3回Aコース5週目。まだ内は悪くなっていないが、時計はややかかり気味。
中山(ダ):土曜は稍重で基本は前だが、ペース次第では差せる馬場。

阪神(芝):2回1週目B→Aコース替り。第1回開催で2週しか使われていなかった内がやはりいい。
阪神(ダ):土曜は重馬場で前残り気味も、回復次第で差せる馬場に変容する砂。

中京(芝):1回最終週Bコース。まだ前でも粘れる馬場。大外一気は相当嵌らないとつらい。
中京(ダ):時計速めで、やはり前々で運べないと辛い。


中京11R 高松宮記念

◎プレシャスカフェ
○メイショウボーラー
▲キーンランドスワン
☆ウインクリューガー
△カルストンライトオ
△ギャラントアロー
△ゴールデンロドリゴ

例年以上に寂しいメンバー。展開としてはカルストンライトオが道中2馬身くらい差をつけてHペースで逃げ、番手にはメイショウボーラー。その後にギャラントアローといったところか。ここではプレシャスカフェの力が1枚上と見る。決して派手さはないが、鞍上が「かみそりの切れ味」と評するように、直線前を捉えにかかる脚と並んでからの根性がこの馬の持ち味。CBC賞でもシルクロードSでも着差は僅かだが、毎回それ以上の強さを感じる完勝ぶり。「あのレースではプレシャスカフェにコンマ何秒差だったから今回は・・・」という論法も、レース内容からして着差がどうのこうのではなく、どの馬もこの馬には完敗している。そういう類の強さを持っている馬。後はESPが発動しないことをただただ祈るのみです。クリスチャンとして。
人気通りになるが、◎に次いでメイショウボーラー。CBC賞のレースぶりを振り返ると、スタートであまり行き脚がつかずに道中揉まれて後方から。徐々に押し上げ4角では大外。直線ではアドマイヤマックスの外から追い上げるも・・・というチグハグな競馬だったことは確か。15番枠だったとはいえ、テンにあれほどまでに行けなかったことは多少気になるところではあるが、次のガーネットSでは33.3秒で行っている。また今年に入ってダートを3戦したが、レース内容から昨年より確実に馬が成長しているように思える。砂適正の方が高いことは間違いないが、このメンバーだったら太刀打ち可能でしょう。土曜の時点ではあるが、芝もまだ内が粘れる馬場であることを加味すれば、プレシャスカフェにも幾分食い下がれるはずだ。
前走で久しぶりの勝利となったキーンランドスワンだが、昨年の高松宮記念がこの馬のベストパフォーマンスとして印象的。成績からしても平坦の方がベターで前走から条件は好転する。外枠なのでまた昨年のようなレースになるだろうが、それでもやはりここにきて上り調子で来ている以上は買わないわけにいかない1頭。
ウインクリューガーは気分屋さんということだが、休み明けでリフレッシュされたのか前走最後は突き抜けんばかりの脚で追い込んできた。4番枠を引き前走のようにうまく内で脚を溜められそう。あとは直線で捌くだけ。地元の吉田稔なら問題ないでしょう。
穴だったらやはりゴールデンロドリゴか。前走は3馬身ほど出遅れたが、今回と同じ舞台のCBC賞では抜群のスタートからスッと番手につける新たな面が見られた。得意の中京でこの馬もロスなくいけそう。
スポンサーサイト


競馬 | 23:38:16 | Trackback(0) | Comments(0)
□ コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


 青春の日々にこそ、お前の創造主に心を留めよ (コヘレト12:1) 

PROFILE

君への想い涙秀方

Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
08月 « 2018/09 » 10月
Forecast

-天気予報コム- -FC2-
Links
        
Mybloglist
Counter
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。